×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

もらって嬉しいあいさつ文とは

挨拶文とは相手を思いやる優しさが必要になります、またどうしても面と向かって挨拶ができる方が、実際に手紙等で挨拶文書にしてしまうことを躊躇することが多い。ということは話し言葉と手紙を使った挨拶文との違いに気が付いていない場合があるからでしょう、言葉はその場で消えてしまいますが、文字はいつまでも残ることに要因があるかもしれません。となれば、挨拶文文例を紹介しそれを応用することも必要かもしれません。

挨拶文の種類

挨拶文の種類、挨拶文の種類といってもかなり多いのですが、まず一番にビジネス挨拶文が筆頭になります、例えば、退職挨拶文、転勤挨拶文、歓迎会、異動挨拶文等々。そして、個人的にも年末年始にかけての年賀の挨拶文としての年賀状、また忘年会、新年会の開催挨拶状、そして四季を通じての季節挨拶文を含めた手紙挨拶文ですね。また、成人式、そして卒業式、卒園式、入学、入社とその季節季節の行事に合わせ多種多様な挨拶文を考えられます。そして重要な結婚式や結婚式乾杯挨拶文、法事、法要での挨拶文、それに春ともなれば引越の挨拶文は欠かせませんし、仕事上では開店、閉店の挨拶文もありますね。では、この挨拶文をどのように使いこなすかが重要になります、もちろん適材適所ですがいずれにせよあなたのオリジナルが必要になります、

紹介する挨拶文のサイトの文書をそのまま真似るだけではなく自分言葉にリライトして素敵な挨拶文を作ってくださいね。

挨拶文の文例(書き方の基本文例)

挨拶文の文例(書き方の基本文例)

@拝啓 一雨ごとに寒さも緩み、すっかり春めいてきましたが、皆様お変わりありませんか、私どもも皆元気で過ごしており、他事ながらご休心ください。 Aさて、誠に些細にて恐縮いたしますが、当地の名産の○○をお送りさせていただきましたので、是非お納めくださるようお願い申し上げます。 B当地自慢をご賞味いただければ幸いと存じます。時節柄、一層のご自愛、お祈り申しあげます。  敬具 C平成○○年○月○日東京太郎 つまり、上記の挨拶文は次の4つから成り立っています。

1,前文(頭語、時候の挨拶、安否の挨拶)2,主文(起語、本文)3,末文(結びの言葉、結語)4,後付(日付、署名、宛名)この挨拶文のパターンさえ覚えておけばどんな挨拶文でも怖いものはありませんね。詳しくは下記の心温まる挨拶文ならびに手紙書き方例文礼状 をご覧くださいね。